遊ぼ!一日一回はケージの外に出たいのです

狭いケージの中にずっといるとウサギは運動不足になってしまいます。

やはり1日1回はケージから出して、

ストレスと運動不足を解消してやりたいものです。

 

できれば毎日時間を決めて少なくとも30分くらいは遊ばせてあげましょう。

一緒に遊んであげるのもいいですね。

ボール遊びやトンネルくぐりがうさぎの好きな遊びです。

 

ボール遊びとは、

うさぎちゃんのお気に入りのボールを用意します。

最初はボールを転がして慣れさせます。

自分の鼻でツンツンと押しながら上手く転がして遊ぶようになりますよ。

 

トンネルくぐりとは、

地中の穴にもぐる習性をもつウサギはトンネルが大好きです。

市販されているトンネルを用意したり、

ダンボールをつなげてトンネルの様にしておくと自分からくぐって遊びます。

ただし、ダンボールの場合はかじって食べてしまうこともありますので、

気をつけて見ておいてください。

 

ウサギは好奇心が強くて、

ちょっと目を離した隙に変なものを食べたり

危ない場所へ行ったりします。

屋外でも室内でも、運動をさせる時には目を離さないようにしてください。

 

◉室内での運動のさせ方

ウサギはものをかじって歯を削る習性があるので、やたらに部屋の中のものをかじります。

かじられて困るものは事前に隠したりガードしておきましょう。

家具などはダンボールでカバーし、電気コード類はカバーをつけておきます。

ティッシュを引っ張り出すのも大好きなので、

ティッシュも届かない場所に置くようにしてください。

 

◉外で運動させる場合

1日1回部屋の中で運動をさせていれば、外に連れて行く必要はありません。

むしろ外での運動にはよりリスクが伴います。

病原菌やノミ・ダニなどの寄生虫に感染するリスクや

犬や猫・カラスに襲われる危険性も考えなくてはなりません。

 

外に遊びに行くときは、目的地までケージに入れて行き

そこで周辺に危険がないかどうかをよく確認してから外に出してあげましょう。

 

広い場所でのうさぎの行動は予測がつかないものです。

突然、猛スピードで走り出すことがあります。

そんな時に近くに犬がいた場合、

走るウサギを見て狩猟本能が刺激される犬もいるので

外に出すときは安全のためにリードをつけましょう。

 

最後に・・・

うさぎちゃんの遊び疲れたサインがあります。

最初は元気に遊んでいたのに、あまり動かなくなったら疲れたというサインです。

無理やり遊ばせると遊ぶこと自体が嫌いになってしまうことがあるそうです。

動かなくなったら、ケージに戻して休ませてあげましょう。